ドローンを使った新時代の農業へ
ドローンによる農薬散布1
複数のプロペラによって根元・葉裏にまで確実に散布。
従来のヘリより静かに散布出来る清音性。
複数翼+高性能ジャイロセンサーでヘリより格段に安定、安全。
撮足場が悪い水田へも空から楽々防除。
安定した低空飛行が可能なため農薬飛散が最小限。
ドローンによる農薬散布2
紋枯病、いもち病、カメムシ類・ウンカ類・イナゴ・ツマグロヨコバイ等の防除が可能です!
重いタンクを背負ったり、ホースを伸ばす農薬散布作業から解放いたします。
足を踏み入れにくい水田や、米など実り茂った作物の上空への効率的な散布が可能です。
ドローンによる農薬散布3
サツマイモ・タマネギ・ジャガイモ・大豆など、空中散布対応農薬がある野菜については、ドローンによる農薬散布可能な野菜もございます。
布量が多い野菜類もございますので別途別途お問合せください。
新時代の農業を是非ともご導入ください
当社保有DJI製Agras MG-1について

ドローン業界の雄、DJI社が農薬散布用ドローンとして開発した専用機。ヘリでも使われている空中散布用の液剤農薬の他、アタッチメントにより粒剤も散布可能なため肥料の散布にも対応可。最大積載量は10リットル(約10kg)。連続飛行時間は最大積載時10分、非積載時20分と撮影ドローンにも負けない継続飛行能力を持つ。

controller
A3フライトコントローラー

MG-1は高性能な A3フライトコントローラーを搭載しているため、高い信頼性を実現します。農業での利用に最適化したアルゴリズムにより、外部の振動で液体が揺れ動いた場合でも安定した飛行が可能です。A3は2つの気圧計と2つのコンパスを装備。冗長性を採用した設計なので、1つのセンサーで不具合が生じた場合でも、もう1つのセンサーがフライトを維持し、安全性と信頼性を強化しています。

cencer
前方の地形認識
cencer
後方の地形認識
レーダー認識機能

高精度な3つのマイクロ波レーダーが、噴霧タンク前後の傾斜部と下部に配置されています。これらのレーダーが地形を認識することにより、機体は高度を確認することができます。3つのレーダーを搭載することで、より正確な高度情報を取得し、作物から一定の距離を保つことが可能です。

高精度な噴霧システム

新しい噴霧システムの採用により、さらに高精度な噴霧が可能になりました。前後1組ずつのノズルを制御する互換性のある2 つのタンク が搭載されており、現在、次の3 つの噴霧モードが使用できます:前方噴霧、後方噴霧、全面噴霧 新しい圧力センサーと流量センサーはリアルタイムで噴霧速度を監視します。これにより散布中の噴霧速度や噴霧量の動的制御を実現します。下方向の気流をより有効に利用するために、延長ブームを備えたノズルが使用されています。この噴霧システムはより正確にコマンドに反応できるようになり、散布作業の精度と有効性が向上します。

農薬散布価格
幅広いニーズに応じて柔軟にご対応可能。
指定教習可能
Agras MG-1を取り扱う為には、農林水産省の定めた運用が必要となります。当社は指導指針に基づき、施設認定を受けております。
農薬散布ドローンの講習についてのお問い合わせはコチラ

製品動画

クリックで再生