2019.01.26

3D計測 in 鹿児島県東部

1月23日

鹿児島県東部の建設現場にて3D計測を実施しました。

今回の計測範囲は総面積約20ヘクタール、写真枚数は約3400枚、対空標識は約40か所に設置。

ドローン測量対空標識

精度の高い3Dモデルを作成するためには標定点・検証点の適切な配置が重要。
弊社の測量士が地形や距離などの要素を考慮して、対空標識を設置する地点を選定し、二日間かけて40か所を超える対空標識の設置とVRS観測を行いました。

 

3D計測

ドローン測量

離陸前の機体チェックをしたら、次はホバリング状態で機体チェック。
補助員が配置についたら飛行経路の安全を確認したうえで計測飛行を開始します。

 

TB50バッテリーステーション

発電機とDJI バッテリーステーションが広範囲の規則飛行をしっかりサポート。
ノートパソコンもデータ確認のために常備しています。

 

精密土木

今回は計測範囲が広く地形も複雑でしたが、夕方前には無事に空撮を終えることができました。

 

 

ドローン測量

3D計測終了後、同現場にて弊社ドローンスクールの受講生の方に自動航行アプリ(DJI GS PRO)の使い方の講習も実施しました。