2019.06.04

農家のためのリモートセンシング始まります。

リモートセンシングとは、対象を遠隔から測定する手段であり、その定義は幅広い。 しかし、狭義には、人工衛星や航空機などから地球表面付近を観測する技術(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

現在はDJIなどのドローンを活用し低空より観察することにより精密な測定が可能となっている。

ドローンを活用することにより、葉色や収穫量・サイズ・収穫時期などの診断等が行える。

岡山県Aファーム(キャベツ)で撮影したオルソ画像(数百枚の画像をつなぎ合わせ、真上から投影した一枚の画像データ)

スマート農業